てつやの直球勝負!

埼玉県議会議員 小林哲也の
議員としての活動日記。
議員として思うこと。
原発事故に関わるメール

 原発に関わるこの様なメールを頂きました。
チェーンメールで私のところにたどり着いたもので
既にご存知の方も多いかと思いますが、貼り付けさせて頂きます。


「皆さん、どうかお願いがあります。祈りを、皆さんの祈りを今、福島原発で命がけで我々の国、この日本を、国民を、あなたを、あなたの家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!作業が成功するのを!お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。しかも年齢は55歳から上、もう子育ても終わりに近いので思い残す事は無いと志願者となったようです。その様な志願者が50名。

時事通信社の記事があります。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031600093

東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。志願者です。決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。

中国電力の原発勤務40年というある男性が。この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。

ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親の決意に何も言えなかたそうです。

その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。

志願者20名。翌朝、いつも出勤する時のように。じゃあ、いってくる。と言って玄関を出てたそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。それが250ミリシーベルトになりました。何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。だから国に250に上げてくれと。その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。もし臨界点に達していたら。私達は今、この時を、この時間を過ごしていません。

家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。今のこの時間は彼等のおかげなのです。

経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出てきませんでした。

お願いです皆さん祈って下さい!皆さんの祈りを。作業が成功するように祈って下さい!皆さんの想念を送って下さい!

今日放水作業が無事終わりました。明日の作業も成功するように。隊員たちが無事であるように。祈って下さい!どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい祈ってほしいので伝えて下さい!お願いします!」

毎日の原発に関わる報道を信じている人は殆んどいないと思う
現場で命懸けの人々の格闘が伝わらない
不安を抱かせないようにしている報道に不安が募るのは私だけだろうか

また、要素やセシウムを含んだ群馬県や栃木県の農産物の回収が行われている。

「数値が大丈夫」といいながらの政府の対応は不安を煽っている様に思える

本日、埼玉県産のほうれん草の測定結果が公表された
http://www.47news.jp/news/2011/03/post_20110321182300.html
結果は基準値以内では有ったが、潔癖症の日本人の性格は安心してくれるだろうか?

| - | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
福島原発から300km圏内に在住するものです。埼玉県議という政治や社会情勢に対して詳しく責任のある立場の方だと思われますのでお尋ねいたします。

『そのおかげで昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。もし臨界点に達していたら。私達は今、この時を、この時間を過ごしていません。

家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。』
の元となる信頼できる根拠を教えていただきたいのです。

東電は中性子線の観測をしばらく隠していました。
中性子線は臨界の際に発生するものです。
再臨界の可能性はゼロではなく、このメールが本当であれば私たちはどこに避難すればよいのでしょうか。

また、このメールがデマであれば、それをいたずらに広めることは慎まなければならず、県議という立場の方がそれをするということは許されないことでもあろうと思います。それなのにこの記事をUPされたということは、信頼できる筋からの確かな情報あってのことと思われます。ご回答をお待ちいたしています。
| inori | 2011/03/27 5:46 PM |

たまたまお見かけしたのでコメント致します。

こちらの記事は
冒頭にチェーンメールを紹介と書いていらっしゃるので
(チェーンメール=内容は信頼できないもの)
このような内容のメールに気をつけるように、と
具体例を載せたのではないでしょうか?

記事を書かれた方も
はっきりと、内容は信頼できないものなので
気をつけるように、と注意喚起すべきだと思います!

上記のコメントをした方が指摘されたように
「そのおかげで〜近かったんです。」
の部分は、政府が発表している情報限りで考察すると
間違った情報だと思います。
| まいこ | 2011/03/30 6:59 PM |










http://tetsuya.guts-kobayashi.com/trackback/1069844
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ