てつやの直球勝負!

埼玉県議会議員 小林哲也の
議員としての活動日記。
議員として思うこと。
報道のあり方
帰宅して、ふと妻が見ているテレビ番組に目をやると、ドラマをやっているではないか 

違和感を感じながらもつい見入ってしまう

どのチャンネルも東北関東大震災一食だったのに、なぜ?

コマーシャルはその殆んどがAC「公共広告機構」のものだったが

少し民間企業のものも増えているようだ

地震と津波の甚大な被害に対して手当が十分と考えているのだろうか

まだまだ、被災者支援はこれからだと思うのだが

報道のあり方に疑問を持ち始めていたところだった

どこのチャンネルに回しても同じような映像ばかり

どうせスポンサーがどこのチャンネルも同じであるなら

1chは福島の原発 4chは岩手県情報 5chは宮城県 6chは福島県というふうに

チャンネルごとに地域をを限する事で、より深い内容で報道して頂ければ

心配を抱えている人にとって、より有効な情報を配信する事が出来るのではと考えていた、

報道の自由も良いが、今回の国難にあたり、政府が報道に対してもう少し知恵を絞っても

良いのではないかな?と思う。(異論をお持ちの方もおいでと思うが)

バラエティー番組も始まったようだ。       鬱陶しい
| - | 23:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
※ 長文です。失礼します。

東北関東大震災の被災地の復旧は年単位の時間がかかるという見方もあります。つまり、長機関続くわけです。
小林さんはいつごろからならTV報道を震災前に戻す時期として妥当だとお思いなのでしょうか?
「チャンネルごとに地域をを限する」―そのような情報提供の方法はインターネット上で震災当日3/11から行われています。小林さんがそれを主体的に行うこともできます。

「震災がおきたのだから、日本人全員が被災者の辛さを24時間考え、娯楽は自重すべきだ」という日和見的な考え方に陥っていませんか。

世界の災害、災害被災者に関してはどうお考えなのでしょうか。
世界中で大きな災害が発生していますが、そのとき小林さんはどこで何をしていたでしょうか?小林さんはきっと、報道で「ドラマがやっていること」、「バラエティー番組も始まった」ことを鬱陶しく感じていたんですね。
さらにいうと、震災が発生しなくとも、2005年の国連調査によれば、5秒に一人が飢餓が原因でなくなっています。悲劇は極日常的に起きていますよ。これについてはどうなんでしょうね。

そして、本当にそれが大きな問題ならば、小林さんは今頃それを解消するために行動し、その行動の結果について説明責任を果たす準備をなされているでしょう。
まず、奥さんに「ドラマ、バラエティーを見ないよう」説得するのもいいかもしれませんね。

P.S.
「少し民間企業のものも増えているようだ」これ本当ですか?「民間企業が震災の影響でCMを自粛する中、大量に放送されているACジャパンのCM。」というのが一般的な見方となっていますが…。
そもそも、決まった時間枠内で放送されるCMがその数を増やすことはそうそうないです。
参考情報:http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/18/0003874681.shtml
| tambourine310 | 2011/03/18 10:06 AM |










http://tetsuya.guts-kobayashi.com/trackback/1069843
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ